使ってみよう、少額訴訟制度の基礎知識

日本国内で、一年間に行われる民事訴訟は10万件を超えるとされます。そのうちの、実に6割が金銭に関する訴訟です。また、土地・建物などの件数を入れれば、この割合ははるかに高くなります。そのほかの婚姻関係に関する訴訟も、突き詰めて考えれば金銭関係に行きつくかも知れません。この件数にどのような印象を持つかは人それぞれでしょうし、「自分には関係のないことだ」と高をくくる人もいるでしょう。確かに、訴訟大国と呼ばれるアメリカなどに比べれば、その数は微々たるものかもしれません。

しかし金銭トラブルは、いつ誰に降りかかってくるか、分からない物であると認識していた方が、おそらく今後は無難でしょう。

このサイトでは、そうした金銭関係のトラブルを迅速に解決するために制定された、「少額訴訟制度」について解説していきます。この制度は、訴える側にとっては非常に気軽に使える制度です。そのメリットや背景事情などを理解し、来るべき金銭訴訟に対する知識の一端として下さい。

使ってみよう、少額訴訟制度の基礎知識

文字通り、少額の金銭紛争を迅速に解決する

文字通り、少額の金銭紛争を迅速に解決する訴訟制度。

通常の民事訴訟とは異なる特色

通常の民事訴訟とは異なる、少額訴訟制度の特色とは。

主に扱われる案件

案件別の実例で見る、少額訴訟制度で主に扱われる事象。

訴えを起こすには?

少額訴訟の訴えを起こすにはどうすればいい? その基礎知識。

不動産トラブルにも使ってみよう、少額訴訟制度の基礎知識。

  • 文字通り、少額の金銭紛争を迅速に解決する
    • 60万円以下の金銭支払について争う
    • 審理は即日
    • 近年、件数が急増
  • 通常の民事訴訟とは異なる特色
    • 年間の申し立て回数の制限
    • すべての当事者が一堂に会する
    • 通常訴訟への移行について
  • 主に扱われる案件
    • 家賃・賃金支払いに関して
    • 敷金返還請求が、最も多い案件
    • 個人間の借金問題、賃金支払いトラブルなども
  • 訴えを起こすには?
    • 準備するもの
    • 弁護士はいなくてもOK
    • まずは簡易裁判所の受付へ
Copyright(C) 2011 - 使ってみよう、少額訴訟制度の基礎知識 - All Rights Reserved.